初夏の親子でワークショップパーティに出展しました

6月4日(土)大宮ソニックシティでスマイルママコムさんとLABO PARTYさん主催のイベントに出展しました。

「家型ランプ」は3タイプの完成形から選んでもらい製作してもらうワークショップです。

今回は新たに「吊るせる家型ランタン作り」を加えました。

お家ランプを始めたきっかけは、イベント会場で間取り相談のブースを出展した時、机に置いていた家の模型に興味を持つ子供たちが多かったことです。間取りでなく、形への興味が建築の原点なのに改めて気付かされ、ハッとさせられました。

日本では建築の概念は明治以降に西洋から伝わったもので、地震の多い日本独自の価値観とはまた違います。法律や構造的問題など検討事項が多すぎて外観を十分に検討するまでの余裕がありません。街並みや一般的な住宅の外観がチグハグになるのも無理はないのですが、

もっと模型が身近に作れる物だとわかったら、自分たちの住む場所や街についてより良くしていくための興味を持てるかもしれない。
そう考えたのです。

子供でも簡単につくれるにはどうしたら良いか、材料や形など改良を重ねて3つの家形にたどり着きました。

他のワークと比べると、うちは作業工程が多く面倒な事ばかり…。けれど製作好きな子供達が小銭をにぎりしめて私の元に来てくれて、「お家ランプやりますか?」と訊くとコクンと頷き、口数少ないけれど真剣にハサミやカッターを使って製作してくれました!ついに完成した時のほんとに嬉しそうな表情に、私もワークショップを主催するやりがいを見つけ出せました。

もう少し手軽に作ってもらえるにはどうしたらいいか、また少し考えながら次回の出展に活かしていきたいと思います。