窓について考える時のポイント

 普段の生活を振り返り、どの部屋にどのくらいの明るさが必用か、どんな風に過ごしたいかイメージをふくらませてみましょう。なるべく小さな窓で、囲われた安心感のある部屋にしたいのか、空や緑の眺められる見晴らしの良い部屋にしたいのかで窓の選び方は大きく変わるため、家づくりの早い段階で検討したい項目の1つです。キッチンやユーティリティ、洗面所など北側に配置されがちな空間も、トップライト(天窓)やハイサイドライト(高窓)をつかって自然光をうまく取り入れれば、明るい環境で作業できます。

 また、間取りの延長で家の中の事に考えがいきがちですが、実は外部の環境をどう読み取るかが大切なポイントです。前面道路や周りの建物の状況から、影になる部分やオープンになる部分を読み取り、どの位置と高さに設けるかを考えます。透明ガラスにするか、すりガラスにするかも外部との関係で選択します。また、窓は外観を考える時の要素としてとても重要です。防犯性やプライバシーを確保しながらも、周囲の環境をうまく取り込んで広がりのある計画になるようじっくり考えましょう。

 

 

 窓には採光と通風という2つの大きな目的があります。居室(リビングやダイニング、寝室や個室)には建築基準法で採光のために窓の面積は部屋面積の1/7以上、換気のためには部屋面積の1/20以上が必用と定められています。そのため、間取りを考えるとだいたい窓の面積や位置が決まってきます。それに併せて、部屋と部屋を抜けて風が流れるように、家全体で窓の位置をみていきます。

 少し変わった窓のつくり方ですが、室内の部屋と部屋の壁につけるという方法もあります。家族のコミュニケーションの機会もアップしますし、吹抜けや階段の壁に個室とつなぐ窓を付けると家全体に光と風の通り道ができます。ゆるやかに家全体が一体空間になる事で、冬場のヒートショック(温かい部屋と寒い部屋の温度差による体への影響)も抑える事ができます。

 注意しなければいけないのは、窓すなわち開口にすると、その分壁の強度が落ちるという事で、家の構造的な観点から窓の位置をもう一度チェックする必用があります。